■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

カテゴリ:楽しかった日々( 67 )

おやつ

b0091132_15485586.jpg
b0091132_1549625.jpg
b0091132_15581646.jpg


MOVIE:「では、いただきます (=^・^=) 」




[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-12 16:02 | 楽しかった日々

潜り好き

裏の家の縁の下に潜ってるピーです。
b0091132_14543623.jpg
ピーのテリトリーである裏の家に人間(もちろん私でも)が近付いくと、真っ先にここに逃げ込み少し間を置いてから家の中に入った人間の様子を伺うようにコッソリ家の中に入ってきます。

走って追いかけたりする訳でもないのに、何でいつもここに逃げ込むか君は?・・と思うんですけど、ここには人間が入って来れないですから安心してこちらの様子を伺っていられる場所なんでしょうね。

この縁の下は家の下全体が奥の方までがらんとこんな状態なので(床はコンクリート処理してあるので水も入って来ない)夏は特にヒンヤリして涼しいのかも知れません。
去年はこっちにもよく潛ってました。ちなみにこっちはピーの一時避難の場所。
(ちび太がよく利用してた一時避難場所はここでしたね^^)

でもカビとかダニがついて皮膚病にならないか心配だから、あんまりこういうとこに潜ってほしくないんだけどなぁ^^;
b0091132_14544672.jpg
そんなお願い聞けないな〜

外で(知らん振りして)じっと待ってると諦めてのっそり出てくるピー (笑)

ーーーーーーーーー

さて、話変わりましてここからは管理人の独り言・・・

ちび太の部屋での看病時に買い揃えたものが残っています。
猫ちゃん用のお手入れタオル(ティッシュ式)や消臭スプレーなどは何とかピーに使って消費しましたが、こちらまだたんまり余っています。
普通の猫缶はピーが全部食べてくれましたが、これはどうしたもんかと (泣)

・子猫用の離乳食
実はこれ、ホームセンターでミルクと間違えて買ってしまったのです。
食欲のなかったちび太にオートミール状にして与えましたが全然食べず、その後ピーにも試しましたがダメでした。
封は切ったものの2回しか使わず、食品なので劣化していくしこういう時に限って野良の子猫も近くにいない。捨てるのは勿体ないし、お譲りするのも封を切ったものでは失礼になりますよね (泣)

・ヒルズの療養食a/d缶
部屋での看護が長引くと思って多めに買ったはいいんですが、これまた全く食べてはくれなかった、これでもTRYして2〜3缶は開けたのですけどね (泣)
ピーに1缶食べさせましたがやっぱりかなり残してしまいました。うぅ〜 (泣)
(ヒルズの療養食a/d缶の詳しい説明についてはこちら
b0091132_14551019.jpg

ちび太の時に、自力で食べてくれないので強制給餌を初めて試みたのですね。
もちろんそれに使う道具(注射器)もない、ちび太から片時も目が離せない状態だったので、病院に貰いにいくこともできない・・そこで昨日紹介した動物病院の通販ショップにヒルズの療養食を購入する際に一緒に購入したはいいんですが・・
これがまた使いにくいのなんの (泣) (下左の真ん中の白い細い注射器ね)
先が太いままなので、これを口に入れるのが大変だったんです。
ネットで買い直している余裕はなかったし、誰かに頼むこともできない、ましてや看護で頭がいっぱいで工夫する余裕すらなく本当に困りました。
b0091132_14545962.jpg
強制給餌は初めてだったので私の経験不足もあるし、それに加えて道具の不準備も重なって上手く対処してやれなかったことが後になってものすごく後悔したんですよね。
そこで外猫でも面倒を見ている以上はいざ何かあった時に困らないように、普段からこういうものは準備しとかないと・・と思い購入しました。
・ジェントルフィーダー
・ピルクラッシャー

世話をしてる外猫さんの場合、元気な時は特別何も手をかけてやらなくてもいいと思うんですね。大事なのは病気やケガをした時、即対処できるように最低限の準備ができてるかどうかだと思うんです。ホームセンターで売ってないようなものは特に、慌ててネットで探さなくても手元にあるというだけで気持ちに余裕が出ますもんね。

あと私は猫に何かあってもすぐに病院につれて行けなかったり、マメな通院も容易にはできない状況下にあるので、不安になった時困らないように普段から相談できる所(掲示板やテレホン相談室)看護時の体験談や工夫を載せている頼りになるサイトなど、身近に情報をたくさん集めておくのも大事だと思っています。突然看護になった時など非常に勉強になります。

・強制給餌の工夫ページ
(ちび太の看護の時に教えて頂いたサイト「王様館」様から抜粋させて頂きました)
・投薬や強制給餌についてのページ
(アイオニックシルバーやコロイダルシルバー製品でお世話になってます管理人さまのサイト「CAT'S EYES & CAT'S HANDS」から抜粋させて頂きました)

気軽に病院にいけない私は、猫に不安なことがあると雑誌「ねこのきもち」相談室で聞くこともあります(定期購読している会員は無料です)
女性獣医師さんの対応で病院に行けない私は頼りにしています。


あっ・・そうそう室内猫ちゃん用の育てる猫草パック。
庭にいっぱい雑草が生えてるし、ピーに使うにはどうしたもんかな・・と^^;



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-11 20:55 | 楽しかった日々

この時期になると・・・

東海地方も梅雨入りになりました。

GWを過ぎた頃から徐々に気温も上がり、それに伴っていろんな虫も活動期に入ります。
去年の梅雨は大変でした・・雨が多くて長引いたのと、今まで庭猫たちにノミの対処をしていなかったせいもあって、管理人は庭でもノミの被害にあって参っていました。
(庭に出たら靴下にノミが付いてきたことも1度ありました)

それ以来、月1度のフロントラインプラスを滴下するようになって、猫たちがガバッと起き上がり体をガジガジする姿は見なくなりました。この時期、あの痒さが軽減されただけでも少しは快適に過ごせてくれてるかな〜と思っています。
b0091132_22382130.jpg

そうそう・・去年のピーは5月頃から日に日に首から上が脱毛していって、私を大いに心配させてくれましたっけ。 で、今年はというと・・・
b0091132_22384510.jpg
耳を痒がっています^^;

耳中の見える部分には黒い耳あか(ダニの糞)で汚れているということはないのだけど、耳ダニなんだろうか・・? でも他のアレルギーだったり皮膚病だったりするかもしれないので耳を掻くからといって必ず耳ダニともいえませんけれどね。
もし耳ダニの治療なら病院でお薬洗浄・・とわかっています。
でもこの子は平常時にはとても病院になど連れて行けない子・・どうしたもんかな〜と試案しているのですよ。 せめて耳を触らせてくれれば、ちび太の爪のケガの時に使っていたアイオニックシルバーで耳の中を拭いて消毒・・なんてこともできるのですが、とてもじゃないけどそんなことなんてさせてくれない^^;

そこで・・・

今までノミ対策用の「フロントライン・プラス」を、同じ滴下式の「レボリューション」に変えた方がいいだろうか・・と思っています。
これ、猫のフィラリア対策・ノミ(成虫、卵)駆除・回虫駆除・耳ヒゼンダニの抑制(治療ではない)に効くというから、ずっと外生活のピーにはこっちの方がいいかもと思うわけです、毎日ヤブ蚊の攻撃にもあってるしね。
でもこれってマダ二やノミの全サイクル(幼虫・蛹も)には効かないんですね・・・うむ。

もちろん猫のフィラリアに関しては賛否両論もあるみたいなので購入する前に病院の先生によく聞いてみるつもりなんですけど・・どうなんだろう?
b0091132_22385641.jpg
左はノミ対策のフロントラインプラス(あと残り2回)と回虫除去のお薬ドロンタール錠。
ドロンタール錠、食べ物に割と好き嫌いのないピーだから猫缶に混ぜれば楽勝〜・・と思っていたけど、これが甘かった!
しっかり薬のまざった分だけ残して食べてくれない(この錠剤、潰して粉にしたら結構量があるのです)フロントラインでノミ対策してても回虫駆除できてないんですよね〜 (泣)

右のチューブは、ちび太の看護の時に買ったビタミン・ミネラルサプリメント。
ちび太の看護中に2本買いましたが、ちび太はこれさえも受け付けてくれなかったので (泣) ほとんどピーに代用しました。
ご飯に混ぜたりお鼻の上や手に付けて舐めさせますが、おやつのワカサギやカリカリにちょんちょんと付けて食べさせたりもしてます。

ちなみに猫を気軽に連れていけない為、いつも症状を説明してお薬だけ頂きに病院に行くというのはなかなか敷居が高い・・・そこで病院でしか買えないお薬やサプリメント、よくこちらを利用しています^^

実は最近、また耳の上に小さなハゲ箇所があるのを発見してるのです。よく掻いてるのでそのせいかも知れないけれど・・
ピーはよく縁の下に潜ったりするので去年からこの時期は皮膚病を心配するのですが、カビや細菌に対する除菌力の強いアイオニック製品(こんどはスプレーの方)を購入して、撫でる振りしてコットンに付けたアイオニックで耳の上を拭いてあげようかな・・と思っています。 



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-10 00:51 | 楽しかった日々

うしろ姿

決して狙った訳ではないんです・・・
カメラを構えるとすぐ逃げるのでどうしても後ろ姿が多くなっちゃうのだ。
( 丸見えだけど^^; )

b0091132_22254870.jpg


一応後ろにいる私を気にしてて・・体が変なカーブになってる (笑)

b0091132_22274760.jpg


そして真後ろからのショットなんだけど^^;

b0091132_22282426.jpg


構ってほしいのか人の顔見て何度も鳴くので、側に近付くとひょいと逃げるフリ・・
(呼びとめるとすぐに止まるくせにぃ〜)

b0091132_22291826.jpg
実はこういう時はね、「あっち側に行こうよ」と誘ってるんですよ^^;



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-07 22:45 | 楽しかった日々

木陰の土の上は涼しいようです

夕飯待ちの午後、ふと庭を見るとみかんの木の下の土の上で寝そべっていたピー。
猫はもともときれい好きだし、草の無い土の上だと体が汚れるから直接寝そべることはないと思っていたので、一瞬具合でも悪いのかと心配しました。

じゃぁ何でわざわざ土の上に寝てる??
b0091132_17411596.jpg
つい先日父が庭の草むしりをしていた時に、みかんの木の下にこんもりと盛り土をしてたんですね、連日のこの暑さで土の湿気が飛んでカラカラに乾いてるので、木陰の下ということもあってサラサラした土を適度なクッション代わりにでもしているんでしょうかね^^?

私が庭に出てくと一応その場所から立ち上がり、トコトコ側に寄って来ては" 構ってフェロモン "を出すのですが、まだ陽が高いうちはご近所の窓からの視線が(平日だしね)気になって仕方のない管理人・・
声をかけて少し撫でるだけで早々に家の中に戻っていく軟弱モン(ゴメンよ、ピー)


すると今度は別のみかんの木の下へ・・・ 何だ? おしっこか??
(だって君、この木の手前で時々おしっこしてたもんね〜)
b0091132_18501778.jpg
何度もキョロキョロしてたのでてっきりトイレの場所探しかと思ったら、どうやら自分の気に入った角度で腰を下ろせる位置を探してたらしく、やっぱり木の下で寝そべりたいらしい。母が言うには、日中ほとんど木の下にいたそうな・・

暑けど眠いし・・って感じだったのかな (笑)
b0091132_185201.jpg
でもこの土の上に寝てるとね、管理人はちょっとドキっとするんですよ。

ピーとちび太がまだ1歳頃だったかなぁ・・
庭の外で骨盤骨折してきたらしいちび太が、やっとの思いでこの木の下まで戻って来たんでしょうね、半日以上この場所から全く動かずうずくまっていたことがあったのです。
普段土の上になんて寝転ばないし(ここは日陰になるので土が湿っぽくなりやすいんです)名前呼んでも動かない・・おかしいなぁ?と思って近くに寄ると動かないままで私を威嚇。
「あっ、これ絶対変!」と即座に洗濯ネットで捕獲(やっぱり歩けない状態だった)即病院へ。
骨盤骨折とわかり、丸1ヶ月以上も裏の家の中で隔離して看護、事なきを得たんですね。
夕方から雨も降り出したし、動けないわエサも取れないわの状態でもし庭に戻って来れなかったらと思うとそのままどこかで餓死してたかもしれない・・改めてゾッとした覚えがあるのですよ。
何かあった時「あそこ(庭)に帰れば・・」とちび太が思ったかどうかはわからないけど、下半身を引きずりながらやっとの思いで庭に帰れたおかげで助かったようなものです。

うちの庭で世話をしてると言っても、そこはやはり外暮らしの自由猫さん。
自由ということはいつも危険と背中合わせ、家猫さんなら何の問題なく助かるケガや病気でも外猫さんにとっては些細なことが命取りになるケースがいかに多いか・・
助けてあげられる命ならできる範囲で構わないから人が力を貸してあげなければ・・と感じました。

ピーの場合は、暑さしのぎだったので安心しましたけどね^^



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-05 19:49 | 楽しかった日々

ピー、君の足って・・・・

b0091132_198334.jpg
(・・というか腹回りがまだ冬仕様で太いだけなのか?)

b0091132_17265856.jpg
あんなぁ・・(はっちゃん風に)

多分これからネズミさんと遊んでる記事がいっぱい続くと思うねんけどな、
決して撮り溜め写真を小出しにしていこうと考えてるわけやないねんで〜。




まぁ・・そういうことにしといて下さい(管理人)



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-03 17:41 | 楽しかった日々

スルリ・・かわされる

暑さ関係なく何度も往復スリスリしてくるピー。
パンツが毛だらけになるも気にせずカメラ構える管理人・・・・だが、
(白飛び&手ぶれ失敗写真でごめんなさい!)
b0091132_2351280.jpg

やっぱ逃げる・・んだな?
b0091132_239751.jpg
思わず逃げるピーの尻尾をムンズと掴み・・!
(決して引っ張ってはないのでご安心を)

頼むから撮らせろ〜
(空しいお願い・・)


まっ・・いつものことだけどね^^;



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-02 23:22 | 楽しかった日々

皆さま、ありがと!

皆さま、
庭猫日記1 周年のたくさんのお祝いの言葉、本当にどうもありがとうございました!
猫ブログを私自身こんなに楽しんで続けて来られたのも、皆さんのアドバイスや励ましがあってのことだと改めて感じています。
本当に感謝です、ありがとうございます。これからも宜しくお願いします(^^)/
(コメントへのお返事は明日させて頂きますので宜しくお願いします)

さて・・・
今年は5月に入ってからも比較的過ごしやすいお天気だったのですが、軒並み気温も上昇して参りましたね〜。昨日今日とこちら30度超えました!(うぇ〜)
暑いの苦手な私には本格的に苦手な季節となってきましたよ・・ふぅ。


暑い中写真を撮らせてもらおうとピーのテリトリー(裏の家前)まで行きました。
相変わらずカメラを向けるとそっぽ向いちゃうピーなんですけどね・・
b0091132_21414691.jpg
でも今日は珍しく目の前で(撫でろ)とゴロンしてくれました。
カメラを地面に付けて目線の高さを合わせて接写!
いつもより目線が優しい・・悩みでも聞いてくれそな表情 (笑)
b0091132_21415931.jpg
今日のピーは夕方から頻繁に勝手口付近に顔を見せ(ピーはめったに自分から近付いてこないのに)何か主張でもあるかのように、勝手口のドアの前に座りドアに向かってニャ〜ニャ〜!

ご飯がまだ食べたらない?
でもあげてもあげてもまたちょこちょこ姿を見せてはニャ〜!

何かいるの?遊べと誘っているのか・・?
私もいっぱい遊んであげたいんだけどね、夕方からすでに蚊がプンプンで
とても長時間相手できないんだもんなー (泣)

今日は珍しくピーから誘われた夜でした。



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-01 22:31 | 楽しかった日々

大事なことを忘れておりました

b0091132_1752175.jpg
なんでございましょう?

b0091132_17523090.jpg
鳩にまで?

b0091132_17524467.jpg
大事なことお忘れなんじゃないでしょ〜か?
(おぉ、珍しく接写成功!)


今日まで忘れてるだなんて・・
b0091132_17525424.jpg
ひどいじゃないのさっ!



・・・はて ( ?_? )


b0091132_1964582.jpg


すっかり忘れておりました・・
[PR]
by kyos_cats3 | 2006-05-31 19:11 | 楽しかった日々

ちょっとそこまで・・

庭周辺の見回りしてきてい〜でしょうか?
b0091132_2024639.jpg

んじゃ、留守しっかり頼んますっ!
b0091132_20242669.jpg
この縦長の裏庭は、5/16の記事でピーがちっこしながらじっと見ていた視線の先にある庭南側の風景(何もなくって草ボウボウ)
ピーが見ているこの部分には門もなにもないけれど、ここを曲がるとワンブロック裏の道路に通じているので、うちの家族と猫限定の通路になってます(雨の時はぬかるんで大変〜)


これは最近購入したピーのおやつ「雪解け水のワカサギ」
b0091132_2110156.jpg

b0091132_2119148.jpg前はこっち(右写真)だったのです。
量もたっぷりで匂いもいいし少し細かくしてあげてピーも大好き!
・・だったのですが、これでも塩分が2〜3%もある!

一般的な海産魚の煮干し(イワシ、キビナゴ等)の残留塩分は、一般品で約4%、低塩品でも2%もあるんですってね〜、でも「雪解け水のワカサギ」は淡水魚が原材料なので0.2%以下、これなら安心して与えてもいいかなと。
おやつは本来必要ないのかもしれないけれど、ピーへのおやつはコミュニケーションのひとつ・・あげる時は日に1回(2〜3匹)のみ。もちろん毎日ではありません。

それまでは、エビやかつお節、かにかまや普通のおじゃこなんかを猫が喜ぶからと無頓着にあげていました。でもちび太が慢性腎不全だったことで人間用の塩分が高いものをあげるのはパタッと止めました。猫の世話をしてあげてる以上、食生活からくる病気や肥満は人間の責任が大きいですもんね・・気をつけなくてはいけませんね。


ちなみに管理人のおやつは・・
[PR]
by kyos_cats3 | 2006-05-30 21:33 | 楽しかった日々