■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル

カテゴリ:別れの日( 1 )

さよなら・・です

ピー、今朝5時過ぎに旅立ちました。

最後の最後までお外(庭)での自由気ままな生活を満喫し、
寝たきりになって私の手を煩わせることもなく
今思えばあっけないと思うほど突然でした。

私が朝のご飯の世話をしにピーのいる離れに入って来た気配を感じ取ったのか、
まもなくゴソゴソと動く音、ゴホゴホというようなむせるような咳とも鳴き声ともいえない声がして「私はここだよ」と自分の存在場所を教えてくれたようでした。
ピーは家の中の、人の手から逃れられる薄暗い隠れ場所(=低い机の下)に入り込んでいたので、アピールしてくれなければ私はこの家の中で、きっとすぐにはピーの居場所を見付けられなかったことでしょう。

私は驚かせないよう机の前に立って「ピー、こっちに出ておいで」と数回声をかけました。
散歩中の父の目を盗み世話をしに来ているので時間の余裕があまりないこともあって、
先にお水やご飯の準備だけ手早く済ませることにしたのです。ほんの1〜2分です。
その間机の下からピーがヨロヨロ出てくるのを待っていました。
でもピーは出てこず、心配になり荷物をどかし机の下を覗き込みました。

ピーは床に横たわっていました。
口が開いてよく見ると舌が出ていました。
まさか!と驚いて泣きながら名前を呼び急いで体を引き寄せた時には
ピーはすでに息絶えているように見えました。

「馬鹿だねぇ・・何でだだっ広い家の中で、
こんな暗くて狭い、埃だらけの場所に入り込んで死んじゃうの (泣)」
ピーは私に自分の最期の瞬間の姿を見せぬまま逝ってしまいました。

昨晩の様子から体はもう十二分にしんどかったのでしょう・・
それでも今までの習性かそんな体でも必死に外へ出ていこうとしたピー。
私が猫の出入り口を閉めたのでピーは外に行くことはありませんでしたが、
私が朝来るのを待っていたかのように息絶えたしか思えないのです。
最期のお別れに側にはいてほしいけど、でも外猫のプライドか逝く姿は見せたくない・・
みたいな。

こう思えるのには、前日からの「ちょっとした出来事」があったのです。
でもこれはまた次の機会にでもゆっくり紹介します。
今はまだピーを想うと涙が止まらないので、もうちょっと気持ちを落ち着けてから。

ここのところ雨続きの中、きのうは朝から久し振りのいいお天気でした。
気温は高めだったけれど風が強めで過ごしやすかった。
外にいる猫にとってもきっと過ごしやすかったことでしょう。
ピーにとっては最後になった一日・・
しんどい体ながらもお庭のいろんなお気に入り場所に移動して、ピーなりに穏やかな時間を過ごせたことは、最後の最後まで自由気ままな庭猫暮らしをきっと満喫したんだろうと思っています。

今日からはまたお天気崩れるみたいです。
自分の足で歩けて、こっちの世界で最後になった日がいいお天気で本当によかった・・

あぁ・・
これでもう庭猫は皆私の前からいなくなっちゃいました。
猫との縁ができて私の回りに猫がいるようになって15〜6年たつのか・・
いやもうちょっとか?
ピーやちび太が妊娠して庭の猫が一気に9匹に増えちゃったこともあったし、
本当にいろんなことがあったっけ。

でも今はやっぱりすごく淋しい・・心ポッカリです。
少しの間、ただただぼーっと過ごしていようと思います。
[PR]
by kyos_cats3 | 2009-07-31 13:02 | 別れの日