■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル

2009年 08月 08日 ( 1 )

アニマルコミュニケーション vol.2(当日の朝)

アニマルコミュニケーション当日、
am5:30〜いつもと変わりなく朝のお世話をしにピーのいる庭の離れへ。
夕べのご飯・・全く口を付けていない、家の中・・いない、庭にも姿がない。
母情報では am5:00 前に庭のミカンの木の下で見かけたとのこと。
洗濯機(うちは外にあります)の前でも座っており、
声にならないような小さくかすれた声で鳴いてたとのこと。

am8:00〜心配で裏庭に様子を見にいく。
ピーは庭の作業場代わりに置いてある机の下にいた。
私を見るとすぐ出てきて足下に寄りかかる、が、すぐに離れてしまう。
そしていつものピーの順路で一人トコトコ庭先の土の上に降りたかと思ったら、
ミカンの木の下へ行きこちらに背を向けたまま嘔吐。
こちらに向き直ったけれど、ピーはその場でへたり込むように座り込んでしまった。

どうしてやったらいいものか・・・

普通だったらすぐに駆け寄り、抱き上げて家の中に連れていくだろう、
実際今の弱ったピーにそうするのは容易かったと思う。
でもピーは数日前から裏の家に入るのを嫌がり無理に入れてもすぐ出てしまう。
無理に動かせばまた自力で歩かせ、これ以上無駄な体力を消耗させたくはなかった。
それにここ数日、自分からすり寄る以外、私が構おうとする前に側を離れてしまい、
構われるのから避けようとしてるようにも感じられた。
きっと体が辛く、静かに放っておいて欲しかったんだと思う。
何よりピーはまだこの時点では、多少弱々しくもあったけど
ゆっくりと自分の足で歩き回り、人の手の中で抵抗する元気があったのだ。
私は手を出さずそっとしておくことにした。

神様が決めた命の期限に逆らい、私は2度入院させピーの命を延命させた。
家の中で、ずっと側において面倒を見てやれるのなら、
人間のエゴでも何でも、もっと長く必死になって生き延びさせたかも知れない。
でもうちのような中途半端な環境で、絶えず目を配ることも十分な世話もしてやれず、
ただ感情的にいたずらに命を延ばすことの方が、ピーには可哀想だと思った。
命の期限がもうあまり残っていないのなら、
住み慣れた庭の中で最後までピーの好きなように、自由にさせてあげたかった。

ピーは私の方に顔を向け、私も少し離れた場所からピーの姿を見つめ
しばらくの間その場にしゃがみ込んだままでした。

アニマルコミュニケーションのセッション時間が迫ってきた。
「暑くなるから、もっと涼しい所にいなきゃ駄目だよ」
そう声をかけ、私は後ろ指引かれまくりでその場を離れました。

(つづく)


b0091132_1233458.jpg





過去のボツ写真から
(by 2005.2月)

庭の離れの前にて
兄猫クロが庭にいる時は
いつも側にくっ付いていた

過去のボツ写真から (by 2005.3月)
クロ兄ちゃんが亡くなった後、同じ場所で一人日向ぼっこ
b0091132_1234189.jpg

b0091132_1234553.jpg




過去のボツ写真から
(by 2005.3月)

この頃はまだ
近付くと目一杯警戒してた
[PR]
by kyos_cats3 | 2009-08-08 13:22 | アニマルコミュニケーション