■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

近況報告 (ほぼ1年ぶり)

さてさて、近況報告です。

ピーはおかげ様で変わらず元気に暮らしております。
暑さが苦手の管理人、夏の日中は庭で猫と遊ぶなんてことは皆無・・
よって最近の写真がなく (_ _;)スミマセン。
・・というか炎天下の中は外の猫さんだって暑いから陽が落ちて気温が下がらないと庭にも出てきやしませんし(暑さで猫さんの食欲も落ちてますしね)
でもお盆辺りから朝晩涼しくなってきてるのでここのところ朝晩のご飯の食べっぷりがよく、外の猫さんは季節の変化に敏感だから早くも寒さに向けて体の脂肪をつける準備に入ったようです。

私は夕食後、気が向くと「完全防備」の姿で庭に出向きピーの気が済むまで体を撫でてあげます・・というか、ピーがうるさく鳴いて呼ぶので出ていかざるを得ない。
出ていくとヒンヤリしたコンクリートの上にごろんと寝転び「撫でて」と要求される。
市販ブラシでのブラッシングは嫌うのに撫でてもらうのは好きらしい。
ついでに使い古した亀の子たわしでのブラッシングも具合がいいらしい。
(そいえば、ちび太もたわしブラッシングが好きだったなぁ)
完全防備の姿とは・・「蚊・ノミ」対策のため、でもとても人に見せられる格好じゃないので暗くなってからしか庭には出ません。
完全防備姿は汗ダラダラでめちゃめちゃ暑いけど、蚊はもちろんノミに喰われるのはもうこりごりなので(過去ブログ参)やむを得ません。

どうやらそのおかげで今年は被害なし(私には)049.gif
でもなぜか母が今年はぼこぼこに喰われました(足)
汗かいた素足のまま庭に出て洗濯や草むしりしてるから当然といえば当然なんだけど。
でも去年までずっと母は被害なかったのに・・なぜだろ??

ピーにはフロントラインしてるんですけどね・・
(今だ人慣れできないので警戒心強くて大変なんですよ)
庭に猫がいると他の野良さんも庭に侵入してくるので庭に繁殖してるんだと思う。008.gif
庭は大掛かりに薬撒いて一斉に駆除したい所だけど、ピーを家の中で飼う猫にしてあげられないから、今は何もできません(ピーが手足舐めちゃうので危険だから)
仕方ないから人間が知恵を絞って何とか工夫するしかないんです、今は。

「ノミなんているわけない」とずっと信じなかった母。
母の足を見て「そりゃノミだよ絶対」といっても「違う、汗疹か乾燥肌だから」と頑固に否定し続けた母。でもあまりの痒みと日に日に増える虫さされ跡にとうとう我慢できず皮膚科へ・・

結果「ペット飼ってませんか?ノミですね」とあっさり!
頑固な母、人の辛さは自分の身に起きてみないと心底実感できぬものなのですね。
でも父に「庭の猫ノミ」だと言えばピーを追い出しかねないので、一応「ダニ」ということにしていたあたり母もピーが可愛いのかと改めて思いました。
あぁ、吸血虫がいなくなる本格的な秋が待ちどうしい今日この頃です。
[PR]
by kyos_cats3 | 2008-09-08 12:18 | 楽しかった日々