■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

猫用サンルームの内装

これは2月の時の写真です。
下は外の日中用猫サンルーム(父の元植木用ガラスケース)を冬仕様。
先ほどの記事(ご無沙汰しています1)で設計変更になったベッドに使用していた発砲スチロールと、中に敷いた古毛布がたくさん余ったので利用したもの。
b0091132_62887.jpg
ガラスケースの中はお日さまが照ればポカポカだけど、寒い日は底冷えする。
なので床に発砲スチロールを敷き、ベッドも余った発砲スチロールの箱に変えた。
寄りかかるにいいだろうと余ったクッションもついでに毛布巻き巻き。
庭猫暮らしにしてはいたれり尽くせり・・な感じがしないでもない。
b0091132_625079.jpg
暑いのか、狭いのか、居ごごちがイマイチ良くないのか・・?
あまり毛布のせ発泡スチロール箱の中には入ってなかったような気がする。
いつもこの位置(箱の外)で寝てたピー。
b0091132_63867.jpg
寝ているところを写真に撮ろうと近付くと必ず顔を上げて一応警戒モードに。
発泡スチロールのカスをいっぱい付けて眠そうな表情だけど・・
(あれ?マットどけちゃったの?)
b0091132_632454.jpg
・・と、上の写真の全体を撮るとこう。
お日さまが照っている時のガラスケースの中は冬でも暑いらしく、何とマットを日よけ代わりに頭に被りお尻は丸出しにして寝てたんですよ。
(マットを日除けに使ってる寝姿を撮影できなかったのが残念)

・・が、しか〜し!
ここももれなく野良猫くんのスプレー攻撃に合うのであった(泣)


ちなみに下が初秋バージョンだった(あまり大差ない?)
ここでも余ったクッションの置き場に困っていたなぁ。
b0091132_622716.jpg

[PR]
by kyos_cats3 | 2007-10-01 06:50 | 楽しかった日々