■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

昼下がりの一コマ・まだまだ続いてた脅威・・

ある晴れた日のひとコマです。
ピーはあまり庭から遠くへは行かないようで、天気のいい時はガラスケースの上にいたり、少し肌寒いとケースの中に入ってたり、大抵裏の家付近にいけばどこからともなく現れてきます(多分縁の下に潜っていると思われます)

この時も鳴き声はするんだけど、「どこ〜?」とよく見たら鉢植えの影にいた所をパチり。
b0091132_691439.jpg

この時は珍しく逃げないので、徐々に近くによっていき撮影できました。
多分眠かったんじゃないかなと思います (笑)
b0091132_610284.jpg

もっと正面から撮影・・視線くれてます(近距離で正面はほんと珍しい)
ピーの口の下のポツポツってアクネだね^^; 
だから一見するとへの字口に見えるのかも (笑)
b0091132_6122599.jpg
本格的に冷え込むほどではないのでまだカイロは敷いてやってませんが、毎晩ベッドの様子や猫の出入り口が閉めてないか点検しに通っています。
(前は父が猫の出入り口を閉めてしまってたので)
裏の家に入って行くと、必ず続いてピーも入ってきます。
ピーと長く遊んであげていたいのですが、父が時々勝手口のあるキッチンに来ることがあるので、裏の家に行っていることがバレるとまたうるさいのですよね^^;
だから父が入浴中にタタッと様子だけ見て帰ります(ピーは寂しそうだけど)

そういえば、夕べ裏の家に行った時のこと、
いつものように裏の家に行って、少しだけピーを構ってあげる。
ピーも私の足下にスリスリ・・ あ〜、またパンツにピーの毛が付いちゃったよと、家に戻ってガムテで毛を取ってたんですよ。よく見ると黒い小さなゴミがプツンと・・あれ〜?これってもしや・・・(しばらくするとガムテから体を剥がそうと動きだした!)

わぁー!ノミじゃん!

もーーー、10月も終わろうとしてるのに、まだノミぃ (泣)
一応まだ裏の家に行くのは警戒して膝下をビニールで防御してなきゃ怖くていられないんですけどね、ピーが尻尾付近をスリスリした時、そのビニールの上の服の部分にピーの毛が付いてしまって、そこにノミが付いたみたいで・・・
てことは、裏の家の中というよりピーの体のノミが私に飛び移ってくる (@_@; ) あわわ・・
そうか〜、こうやって知らずに自分の服に付いたノミを自分の部屋まで運んでいたのかも知れないですね、でなきゃここ何年もの間部屋にノミが・・と毎年悩まされる訳ないもんな。
(ガムテで毛を取らなければまた恐ろしい事態になるとこでした)
ピーごめん、レボリューションまだ買いに行ってないや(早急にやらなきゃね)

それにしても今の季節になっても外猫さんに付いてるノミは元気なのね (泣)
何かもう、本当に脅威ですよ、見えない脅威!すごく神経質になちゃいます。
確かに蚊も少なくなってきたとはいえまだ活動してるしね、外にいる吸血虫はまだまだこのくらいの寒さではびくともしないんだね。
(膝下カバーしててもこういう事あるからね、いっそ雨具のパンツ履いて猫と接したほうがいいのかなってマジで思う=被害にあうよりマシ^^; )



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-10-22 00:39 | 楽しかった日々