■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル

猫ベッド・その3(ちょい長め)

プチプチで覆うのはもうちょっと寒くなってからにしようと思っていましたが、日によってグンと寒くなったりすることも多くなってきましたし、やはり中に入っても箱状になってた方が落ち着くだろうと覆うことにしました。

プチプチは箱の四方を囲めるサイズ分の大きさがあるので、すっぽりと覆っています。
入り口をカッターで切り透明なガムテープで補強、これなら寒くないですよね?
b0091132_1232284.jpg
実は、ベッドと一緒に「自分の体温で暖かくなる」というマット(アイリスのアウトレット品)も購入していました。冬は毎日ホカロンを敷いてあげる予定ですが、少しでも自力で暖かくなるようにとこういう機能付きのものが欲しかったのです^^

でもちょっと失敗した〜 (笑)
柔らかめかな?と勘違いしてたのですが、保温材の厚みもありアルミシートが挟んであるので、4つに折ってベッドの中に入れるとベッドの中がパンパン(やはり下に敷くマットですもんね) しかもアルミシートのせいで上に乗るとガサガサうるさい (笑)
自分仕様にしようかと思いましたが、折角のあったか機能付きなので(ほんとに体温で暖かくなるのですよ)ベッドに合わせカットして使うことにしました。
一応これで完成!
今朝一番にチェックしたら、毛布に足跡があったので中に入ったのは確かです。
・・が、まさかキジ夫じゃないよね^^;


ガラスケースの中にいるピー。相変わらずカメラ拒否?

P:ベッドもいいんだけどこっちはどうなってるニャ?
b0091132_1275950.jpg
そこはあなたの指定位置ですね。
b0091132_129384.jpg
そうだね、板の上だもんね。
b0091132_1293033.jpg
はいはい、承知しました。


では早速、今ある古新聞紙と年期の入った発砲スチロールを撤去します。
父が使ってた植木用のガラスケースも古いからね〜。
下の写真が何もしてない状態の猫サンルーム(もうボロボロ)
しかも一番奥の底板は腐ってきてて板が破れ大きな穴ーー!
(昔はここから猫らが出入りしてたこともあったっけ・・)
b0091132_13154100.jpg
ホウキでゴミを掃いて穴を板で塞ぎ、その上に新聞紙、さらに(ベッドで余った)発砲スチロールを敷く。年期もんの発砲スチロールも一応残してやるとして、奥のガラス壁や隙間には同じく余った発砲スチロールを詰め、そしていつも座る位置に猫ベッド。
(いつもお世話になってる快適ねこ生活さんの段ボールを使用)

クッションが入りきらずに取り合えず外に置いたけど、中途半端な出来でかなり見栄えが悪い (泣)
b0091132_1402267.jpg
b0091132_142594.jpg

でもこの後早速入ってくれましてね・・・
b0091132_1423036.jpg
写真撮ろうと覗いたらすごい迷惑そうな顔されました。
ガラスの引き戸を少し開けたら「シャー!」もされました (泣)
b0091132_1474188.jpg
風が強かったのでここまでご飯持ってきてあげたんじゃん (T_T)
ご飯を奥に入れようと引き戸開けたのですが、他に逃げ口がなくなるのでパニクって怖かったんでしょうね・・っていい加減私に慣れてよ^^;


今日の夕ご飯は、ねこのきもち11月号のオマケ(IAMSの新製品ウェットフード)
美味しかったみたいで一度でペロリでした(ドライはいつもちょろ喰いなのに)
b0091132_1521055.jpg
冬でも天気のいい日中ならガラスケースはサンルームになっていいのですが、もっともっと寒くなってきた時の曇りや雨の日などは、保温性がないこのガラスの中でのベッドはこのままだとちょっと寒いかも知れません。
ガラスケースの中はもうちょっと工夫が必要ですかね。


[PR]
by kyos_cats3 | 2006-10-08 01:23 | 楽しかった日々