■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

愛しいやつ

今日はこちら東海地方の日中はとっても蒸し暑かったです。
さて、ピーは日中ずっと裏の家の前にあるガラスケースの中にいました。
ガラスケースは、猫が入るくらいの隙間だけしか開けてないので奥の方は暑いんでは?と思いつつも、ピーはずっと奥ばかりで寝ていました。
猫って人間がちょっと暑いな・・と感じるくらいの温度が一番心地いいのだそうです。
今日は1日ほとんどここで寝てましたねぇ。

午後4時過ぎに一旦早めの夕ご飯を食べた後、またガラスケースに戻ったので「調子悪いんじゃないか?」と心配になってピーを見にいきました。
ピーは私が近付くとガラスケースから出て裏の家の中に入ります・・
(なぁんだ・・遊んでほしいのか)と私も中に入ると、ピーは家の中に転がってるネズミのおもちゃに自分からちょっかいを出し、あきらかに「遊ぼ」と誘っています^^
この時期、裏の家の中に入るのはちょっとビビるのだけど(ノミに喰われないか心配)、久し振りに冬から置きっぱなしだったボロボロのおもちゃ(でも捨てない^^; )でピーと遊ぶ管理人。
b0091132_23172692.jpg
ピーは、この家の中だと他の猫に警戒したりいろんな雑音に気を取られることなく安心して遊びに熱中できるみたいです。
b0091132_23174163.jpg
そして甘えモード全開^^
b0091132_23175238.jpg
興奮して遊んでても、近付いて体を撫でてやるとすぐゴロンとなり、私が撫でるのをやめない限りいつまでもゴロゴロいって自分から体を起こそうとしないんですよ。
私もこうして毎日何度もピーの気が済むまで撫でてあげたいんだけどなぁ。

私が遊びをやめて家を出ていこうとすると、それを察するのか私が出ていく前に自分が先に家を出ていくんですよ。
冬の間、寒いからか時々この家の中に他の野良さんも入ってきてベッドを取られちゃうこともあったので、それは可哀想と猫の出入り口を塞いで、真っ暗な家の中に朝までひとりぽっちにさせちゃってたからね
1匹になっちゃったからね、家の中にひとりぽっちはやっぱり淋しいよね・・。
b0091132_2318461.jpg
今まで人慣れしていたクロ兄さんやちび太の影でこういう感情を押さえていたけれど、
シャイで臆病なピーは、ほんとは人 (猫) 一倍素直で甘えたがりなのだ。

愛しいやつめ^^



<追記>
それにしてもこの家の中の畳・・全て庭猫の爪とぎと化してます ( ^^; )




[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-14 23:51 | 楽しかった日々