■■ 庭猫日記 3

niwaneko3.exblog.jp

庭に住み着いた猫として自由気ままな生活を満喫し一番長生きだったピー。2008年11月に慢性腎不全を発症し翌年7/31早朝に天国へと旅立ちました。11歳と10ヵ月でした。    
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

潜り好き

裏の家の縁の下に潜ってるピーです。
b0091132_14543623.jpg
ピーのテリトリーである裏の家に人間(もちろん私でも)が近付いくと、真っ先にここに逃げ込み少し間を置いてから家の中に入った人間の様子を伺うようにコッソリ家の中に入ってきます。

走って追いかけたりする訳でもないのに、何でいつもここに逃げ込むか君は?・・と思うんですけど、ここには人間が入って来れないですから安心してこちらの様子を伺っていられる場所なんでしょうね。

この縁の下は家の下全体が奥の方までがらんとこんな状態なので(床はコンクリート処理してあるので水も入って来ない)夏は特にヒンヤリして涼しいのかも知れません。
去年はこっちにもよく潛ってました。ちなみにこっちはピーの一時避難の場所。
(ちび太がよく利用してた一時避難場所はここでしたね^^)

でもカビとかダニがついて皮膚病にならないか心配だから、あんまりこういうとこに潜ってほしくないんだけどなぁ^^;
b0091132_14544672.jpg
そんなお願い聞けないな〜

外で(知らん振りして)じっと待ってると諦めてのっそり出てくるピー (笑)

ーーーーーーーーー

さて、話変わりましてここからは管理人の独り言・・・

ちび太の部屋での看病時に買い揃えたものが残っています。
猫ちゃん用のお手入れタオル(ティッシュ式)や消臭スプレーなどは何とかピーに使って消費しましたが、こちらまだたんまり余っています。
普通の猫缶はピーが全部食べてくれましたが、これはどうしたもんかと (泣)

・子猫用の離乳食
実はこれ、ホームセンターでミルクと間違えて買ってしまったのです。
食欲のなかったちび太にオートミール状にして与えましたが全然食べず、その後ピーにも試しましたがダメでした。
封は切ったものの2回しか使わず、食品なので劣化していくしこういう時に限って野良の子猫も近くにいない。捨てるのは勿体ないし、お譲りするのも封を切ったものでは失礼になりますよね (泣)

・ヒルズの療養食a/d缶
部屋での看護が長引くと思って多めに買ったはいいんですが、これまた全く食べてはくれなかった、これでもTRYして2〜3缶は開けたのですけどね (泣)
ピーに1缶食べさせましたがやっぱりかなり残してしまいました。うぅ〜 (泣)
(ヒルズの療養食a/d缶の詳しい説明についてはこちら
b0091132_14551019.jpg

ちび太の時に、自力で食べてくれないので強制給餌を初めて試みたのですね。
もちろんそれに使う道具(注射器)もない、ちび太から片時も目が離せない状態だったので、病院に貰いにいくこともできない・・そこで昨日紹介した動物病院の通販ショップにヒルズの療養食を購入する際に一緒に購入したはいいんですが・・
これがまた使いにくいのなんの (泣) (下左の真ん中の白い細い注射器ね)
先が太いままなので、これを口に入れるのが大変だったんです。
ネットで買い直している余裕はなかったし、誰かに頼むこともできない、ましてや看護で頭がいっぱいで工夫する余裕すらなく本当に困りました。
b0091132_14545962.jpg
強制給餌は初めてだったので私の経験不足もあるし、それに加えて道具の不準備も重なって上手く対処してやれなかったことが後になってものすごく後悔したんですよね。
そこで外猫でも面倒を見ている以上はいざ何かあった時に困らないように、普段からこういうものは準備しとかないと・・と思い購入しました。
・ジェントルフィーダー
・ピルクラッシャー

世話をしてる外猫さんの場合、元気な時は特別何も手をかけてやらなくてもいいと思うんですね。大事なのは病気やケガをした時、即対処できるように最低限の準備ができてるかどうかだと思うんです。ホームセンターで売ってないようなものは特に、慌ててネットで探さなくても手元にあるというだけで気持ちに余裕が出ますもんね。

あと私は猫に何かあってもすぐに病院につれて行けなかったり、マメな通院も容易にはできない状況下にあるので、不安になった時困らないように普段から相談できる所(掲示板やテレホン相談室)看護時の体験談や工夫を載せている頼りになるサイトなど、身近に情報をたくさん集めておくのも大事だと思っています。突然看護になった時など非常に勉強になります。

・強制給餌の工夫ページ
(ちび太の看護の時に教えて頂いたサイト「王様館」様から抜粋させて頂きました)
・投薬や強制給餌についてのページ
(アイオニックシルバーやコロイダルシルバー製品でお世話になってます管理人さまのサイト「CAT'S EYES & CAT'S HANDS」から抜粋させて頂きました)

気軽に病院にいけない私は、猫に不安なことがあると雑誌「ねこのきもち」相談室で聞くこともあります(定期購読している会員は無料です)
女性獣医師さんの対応で病院に行けない私は頼りにしています。


あっ・・そうそう室内猫ちゃん用の育てる猫草パック。
庭にいっぱい雑草が生えてるし、ピーに使うにはどうしたもんかな・・と^^;



[PR]
by kyos_cats3 | 2006-06-11 20:55 | 楽しかった日々